珠取(シュシュ)のホームページへようこそ!

「珠取」は見た目やルールは単純過ぎるのに、何故かやればやるほど面白い! 勝っても負けても面白い!!とても不思議で奥が深いボードゲームとして開発されました。
そんな今までにあるようでない斬新かつ親しみやすいボードゲームを、皆さんと一緒に育て広めて行くために本サイトを立ち上げました。まずは、どんなゲームなのか、本サイト内での解説(公式ルール)やYoutubeでの動画解説をご覧いただければうれしいです。

日本珠取連盟(Japan ChouChou Federation)の目標は、どんな境遇の人でも、平等公平に楽しさを享受できる珠取の特徴を踏まえ、”Bスポーツ”(頭脳スポーツ)という名の下に広く普及をしていくことです。活動として、まずは各都道府県に支部を作ること、その発起人になっていただける有志を募っていきます。始めは小さな集まりのお披露目会程度のものから、徐々に大きな集まりの市町村大会から都道府県大会、そして全国大会をめざして、2021年元日のここからスタートです。

2021年1月1日

珠取 ~ゲーム紹介~

珠取は、入門・初級者用の3×3マスの正方形となる「普及盤」(一般向け)と「J&S盤」(ジュニア&シニア向け)、上級者用の4×4マスの正方形となる「ウミン盤」、上級者や4人ペア対戦を主眼とした5×5マス変形となる「マスター盤」のボードと、各プレイヤーごとの色(または形)違いの駒を使用して、相手の駒を取る対戦ボードゲームです。

1つのマスには自分と相手の駒を合わせて、小学生や高齢者向けのJ&Sルールでは3個まで、一般ルールでは5個まで置けます。任意のマスに交互に(順番に)駒を1つずつ置いていきます。また、駒を置く代わりに任意の1つのマスから自分の駒を「移動」することができます。J&Sルールでは1個、一般ルールでは2個を他の1つのマスに「移動」することもできます。駒を置くか移動して、タテ・ヨコ・斜めの連続3マス(以上)の「ライン」で、各マスに置かれている駒の合計が同数になった時に相手の駒だけを取ることができます。相手の駒を取ったあと、自分の駒はそのまま各マスに残ります。

「ライン」というのは、具体的には、タテ・ヨコ・斜めのマスが「1・1・1」「2・2・2」「3・3・3」「4・4・4」「5・5・5」になった時です。ウミン盤やマスター盤では、4マス以上で「1・1・1・1」のようにラインが完成することもあります。

勝利条件は、あらかじめ設定する「勝利駒数」を超えた時点で勝敗が決定します。公式ルールでは、J&S盤と普及盤が10個、ウミン盤・マスター盤が15個です。先手後手にかかわらず、先に勝利駒数に達したプレイヤーが勝ちとなります。

詳しいルールは本サイトの「公式ルール」ページや下のプレイ動画を参考にしてください。

ルールが理解できたら、さっそく下の実戦動画を参考にしてみてください。

RANKING ランキングTOP10

CATEGORY カテゴリごとの最新記事